過バライ金請求ランキングでチェック!過バライ金請求の費用ってどこが安いの?



過バライ金請求ランキング最新版では、過バライ金請求の相談で人気でおすすめの弁護士事務所や相談所をランキング形式でご紹介しています。

過バライ金について相談したいけど、どこに相談すればよいのかなかなか検討つかないのが普通です。
そんな時にこの過バライ金請求ランキングがお役に立てることができれば幸いです。

過去に消費者金融やキャッシング業者で借金をしたことがある方は、過バライ金請求できる可能性がありますので、まずは無料相談してみましょう!



過バライ金請求が可能な方とは?



消費者金融やカードローン・キャッシング業者へ返済済みの人で利子限度法所定の限度を超える高利子で借金をして返済をしたときは必ず過払い金が出現します。

消費者金融を一般に返し終わった方のとき、普通、過払い状況になっており、返却申込ができます。

また、払い過ぎたお金は、借入れ返済の時期が長ければ長いほど多く出現することになります。

消費者金融のカードローンなどの会社と長い時間にわたって借入・返済をしていたが、もう解除してしまっている、というときでもいくつかの制限を定かにすれば、過バライ金が返還されるときがあります。

返済し終わっているのに、過払いが出現していない異例的なときもあります。
会社との証文金利がずっと法定金利(15%から20%)以下だったときは、過払いになりません。
預金金融機関の借金や財団抵当安全保障資金調達などのときには異例的にあり得ます。

返済し終わったのが10年以上前だったときは、過払い金の返却を申込する債権が時効で終了した可能性があります。(普通、過払い金の返却を申込する債権は10年で時効となります。ただし、このときでも、司法裁判で必ず認められないとは言い切れません。)

破産清算最中のかたも対象となる場合があります。
高い利息で長時間(5年以上程度)払い戻ししているとき、過払い状況になっており、過バライ金請求申込ができる確率が高いです。

また、その他の人も、過バライ金請求で借金総額を少なくさせることができます。
場合によっては、過バライ金の返却申込が可能になることもあります。

消費者金融やキャッシング業者で過去に借入をし、返済されたかたは、過バライ金請求が可能な場合がありますので、まずは過バライ金請求ランキングに掲載の弁護士事務所や相談所の無料相談をぜひ利用されることをおすすめいたします!

過バライ金請求ランキング最新版!おすすめの相談所はコチラ















岡田法律事務所













そもそも過バライ金とは?



過払い金とは、本来は支払う必要のなかった利息のことです。2006年に貸金業法が改正され、それまでグレーゾーン金利と呼ばれていた出資法を利用した利息制限法の上限を超えた利息は全て無効となりました。

更に、それ以前に利息制限法を越えた利息を支払っていた場合、その分の返還請求が行えるようになったのです。これこそが過バライ金請求です。

2010年までに消費者金融を利用していた人が対象です



貸金業法の改正自体は2006年ですが、完全施行されたのは2010年からなので、この2010年までに消費者金融を利用していた人には過払い金が発生している可能性があります。


過バライ金はどうやって請求するの?



過払い金が発生している可能性がある場合には、その返還請求を請け負ってもらえる法律事務所や法務事務所に相談してみましょう。
この請求は個人で該当の消費者金融に対して行えないこともありませんが、弁護士、または司法書士を通さないとまともに相手にしてもらえない可能性が高いのでおすすめできません。


過バライ金請求のルール



過バライ金請求には、以下のルールがあります。
自分の過バライ金がこの条件に該当しているかをまず確認してください。


完済から10年以内に請求してください



過バライ金の請求ができるのは完済から10年以内です。
例えばある消費者金融への最後の返済が2009年3月30日だったというケースでは、2019年3月29日までが請求できる期間になります。
これを過ぎてしまうと消滅時効が成立しまう為、請求することはできなくなってしまいます。


過バライ金請求は完済後に請求しましょう



過バライ金が発生している可能性のある消費者金融を現在でも利用し続けているという場合、その返済が全て終わってから請求を行ってください。

まだ返済するべき残高が残っている状態で過払い金請求を行ってしまうと、任意整理という扱いにされてしまい、その返還と同時に残りの残高を全て清算しなくてはいけなくなってしまいます。

まだ利用中ということは、今後完済をした後10年間はいつでも請求することができます。
よって、慌てて請求する必要は一切ありません。


過バライ金請求は扱うことができる金額が異なります



過バライ金請求は原則的に弁護士、または司法書士に依頼をして代理人となってもらい、該当の消費者金融とその返還交渉を行ってもらうという形で請求を行います。

この時に司法書士に依頼できるのは、その司法書士が法務大臣から認定を受けた”認定司法書士”であることが条件で、借金の金額、または過払い金が140万円以下の場合に限られます。

つまり、150万円を借りていたケースでの過バライ金請求は弁護士でないと代理人になることができません。
以前はこの金額について曖昧な解釈をされていましたが、2016年6月に最高裁判決によってそのように決められました。


実際に過バライ金請求を依頼する前に



法律事務所や法務事務所によって、この過払い金請求は受け付けていないこともあります。
依頼する場合には最初にまずこれをきちんと確認しておきましょう。

最近ではどちらもホームページを構えていることが多いので、業務内容に過払い金請求が含まれているかどうかの確認はそこで簡単に行えます。
ホームページではこれまでの実績をアピールしていることも多いので、なるべく実績のあるところを選びましょう。
過バライ金請求 ランキング掲載の弁護士事務所や相談所がおすすめです!


法律事務所と法務事務所の違い



法律事務所とはいわゆる弁護士事務所のことで、法務事務所は司法書士事務所です。
借金の金額、または過払い金が140万円以下であればどちらに依頼をしても構いませんが、それを超える場合には弁護士でないと請求できないので、法律事務所の方に相談してください。


費用面の確認を必ず行っておきましょう



弁護士や司法書士に代理人になってもらうということは、当然その為の報酬が発生します。
過バライ金請求では最初の相談はまず無料で、着手金も掛からないという場合が多いので、できればそのような法律事務所や法務事務所を選びましょう。
過バライ金請求 ランキング掲載の相談所は無料相談可能ですので、ぜひ活用してください。

この着手金がない場合には、あくまで発生している可能性があるだけで、実際に過払い金があるか分からないケースでも気軽に相談してください。
着手金が不要な契約では、実際に過払い金が返還された際にその何%かを報酬として支払います。
このパーセンテージは法律事務所や法務事務所によってまちまちで一定ではありませんが、概ね10~20%の範囲だと考えていいでしょう。


依頼から返還されるまでの流れ



依頼をする法律事務所や法務事務所が決まり、実際に依頼をしてからの流れですが、消費者金融との返還交渉は全て代理人になる弁護士や司法書士が行ってくれるので、依頼後に自分の行うのは必要になる契約書や領収書などの提出を求められた場合にそれらを弁護士や司法書士に渡すというくらいです。
消費者金融と直接電話などをする必要は一切ありません。


3ヶ月はみておきましょう



依頼をしてから過バライ金が請求されるまでには早くて約1ヶ月、長いと3ヶ月程度掛かることがあります。
過バライ金請求は完済から10年以内に請求する必要があると書きましたが、法律事務所や法務事務所に依頼をする日がその10年以内であれば、返還交渉中に10年を経過してしまっても大丈夫です。


全ての期間が返還対象です



過バライ金請求ができるのは完済から10年以内ですが、この請求さえ行ってしまえば返還される過バライ金の対象期間に制限はありません。
つまり、2005年から2009年まで利用していた消費者金融に対して過払い金請求を行えば、2005年の利用開始から全ての期間が対象になります。


一度代理人に返還されます



代理人と消費者金融との返還交渉が終わり、発生していた過バライ金が消費者金融から返還される際には直接本人にではなく、代理人宛に行われます。
そこから代理人への報酬分が引かれた分が自分に返ってくるという形です。


過バライ金請求を行う際の意外な注意点



過バライ金請求は上記にも挙げた通り、原則的に完済後に行うものです。
そして、この完済後とはその消費者金融絡みの借金全てに対してです。


銀行のカードローンに気を付けましょう



現在では消費者金融より利用者の多い各種の銀行(信用金庫も含む)のカードローンですが、この銀行のカードローンには必ず保証会社というものが付いています。
銀行は原則的に無担保の融資は行いませんが、この保証会社があるのでカードローンは無担保でも利用することができるのです。

そして、保証会社とはそのほとんどが消費者金融です。
例えば三菱UFJ銀行のカードローンの保証会社は消費者金融のアコムで、万が一利用者からの返済が滞ってしまった場合、アコムが三菱UFJ銀行に対して代わりに返済を行うというシステムになっています。

ここで言いたいのは、このアコムに対して過バライ金請求をする場合、アコムに対しては返済が済んでいても、三菱UFJ銀行のカードローンを利用中だとそうとは判断されないということです。


合併後でも行うことができます



消費者金融はこの過バライ請求が行えるようになったことで、その支払いに困って倒産してしまったり、合併したところが多くあります。

完全に倒産してしまった消費者金融に対して過払い請求を行うことはできませんが、合併によってその業務を引き継いだ消費者金融がある場合には、そちらに対して請求することができます。

例として、A社を2009年まで利用していて、現在ではB社に合併されてしまっているというケースでは、そのB社に対してA社を利用していた期間の過払い金請求が可能です。


弁護士や司法書士に相談してみましょう



利用していた消費者金融が現在存在しておらず、倒産したのか合併したのかが分からない場合には、過バライ金請求ランキングから一度弁護士や司法書士にその旨を相談してみましょう。
もし合併が行われていれば、そちらに対して請求してくれます。

この件も含めて、過バライ請求では初回の相談だけで費用が掛かることはないので、少しでも過バライ金が発生している可能性があれば、まず、過バライ金請求ランキングでおすすめしているような、その業務に対応している法律事務所や法務事務所に一度相談してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ一覧
最新の記事